キャッシングの提供会社の種類とその違いを解説いたします

キャッシングとは、担保や保証人を必要としない比較的少額から借りることのできるサービスで、その使途目的も、申込者本人の自由となっています
キャッシングの提供会社には、大きく分けると「銀行」、「信販」、「消費者金融」とがあります
私たちから見ると、どこも同じように思いますが、実際そのキャッシングの契約内容は、提供会社の種別によってかなり変わってきます
銀行のカードローンを含むキャッシング、これは金利も低く、また、年収1/3までという総量規制の対象外となります
そのため、年収の1/3を超えるキャッシングも可能で、他の提供会社でのキャッシングの1本化に利用することも出来ます
マイナス面としては、審査にやや時間がかかること、審査内容が厳しいことなどがあります
提供会社が信販系のキャッシングの場合、その利便性は非常に高くなります
普段買い物に使用するクレジットカードにあらかじめキャッシング枠が組み込まれていることも多く、決められた全限度額以内なら何度でも借り入れることが可能で、支払いは毎月のショッピングクレジットと一緒に、指定の口座から引き落としてもらうことが出来ます
またカード会員に対するポイント付与など、サービスも充実しています
全国のコンビニや提携金融機関のATM、さらには海外でも利用することが可能となっていることがほとんどです
マイナス面は金利がやや高いこと、限度額が比較的少額となっていることが挙げられます
また、ショッピングに対するクレジット払いは、総量規制の対象外となっていますが、キャッシングサービスの部分に対しては、貸金業法の範囲となっており、総量規制が適用されます
消費者金融が提供会社の場合、申し込みから実際の融資までのスピードは一番早いでしょう
銀行のように、お金の預入を行わず、貸付のみを行っています
そのため、銀行と区別するために「ノンバンク」と呼ばれたり、消費者=借り入れをする人の信用を担保に融資を行うため、サラリーマンが借りれる金融、「サラ金」とも呼ばれたりします
消費者金融は、申し込みの手軽さ、融資までのスピード、返済方法の多様性で、とても魅力のある提供会社といえます
ですが、銀行や信販に比べると、金利は最も高く、また、除外・例外項目を除くすべての借入残高に総量規制が適用されるため、年収や借入残高を定期的に調べられることとなります
その手軽さから、安易に借り入れを増やしていきやすくもなりますので気を付けてください