キャッシング審査の基準と通るコツをまとめました。

キャッシングを行うには、まず審査に通らなくてはいけません
キャッシング会社はそれぞれ独自の審査基準がありますので、A社が通ったからすべて大丈夫ということはありません
反対に、A社の審査に通らなくてもB社では審査に通りキャッシングできるということもあります
ですので、実際に申し込んでみないと、その結果はわかりません
ですが、多く適用されている一般的な審査基準はありますので、ここではその基準と通るコツを紹介していきます
まず、キャッシングの申し込みをすると個人信用情報の確認が行われます
これは、銀行・金融(キャッシング)会社・クレジット会社が共有している情報で、通称ブラックリストと呼ばれるものです
この信用情報の中には、申込者の他社での借り入れ状況、支払状況などが登録されてあり、もし他社でのキャッシングの支払いをしていなかったり、過去に破産手続きや任意整理を行っていた場合などは、このブラックリストに載ることとなり、ほぼ審査に通ることはありません
ただし、過去に支払遅延があったとしても、その後きちんと支払いを続ければ、数か月でその情報は綺麗なものとなります
また、通常5年ほど経過すると、過去にブラックリストに載っていたとしても、審査に通るようになることも多くなります
個人信用情報の次は属性が問われることになります
属性とは、職業・年齢・性別・収入・勤務先・勤続年数・家族構成・住まいなどの様々な要素から、申込者がどのような人なのかを点数にして判断していきます
例えば、アルバイト勤務で、勤続年数が少ない人は、この属性スコアの点数が低くなります
また、自営業者の方なども、収入が安定しないという理由で点数は低くなります
反対に、公務員で勤続年数も長く、持ち家に住んでいるという人などは、高い点数となり、より多くの金額を借りることが出来ます
この属性審査の時点で、あまりに点数の低い人は、審査に落ちるか希望よりも少ない金額しか借りることが出来ないようになります
キャッシング申し込みのをする人の中には、すでに他社からも借り入れていることも多くあります
この場合、支払いを遅延せずきちんんと返済を行っているか、総量規制の年収1/3を超える借り入れにならないかを調べられることにな有ります
規制の範囲内で、返済を行っているのなら、さほど気にする必要はありません
申し込み時に気を付けなければならないのは同時にいくつものキャッシング会社に申し込むことです
早くキャッシングしたい・審査に通るか不安・等の理由であちこちに申し込む方がいますが、これでは審査が通り辛くなります
まずは1社に決め、対応してもらいましょう